費用で比較!レーシック対コンタクト

コンタクトレンズをご利用の方は、必ずご確認ください。

レーシック(LASIK)を検討する際に、これまで装用してきたコンタクトレンズとの比較が気になるところでしょう。
レーシック(LASIK)とコンタクトレンズのメリット、デメリット、さらにはコストの比較をしてみます。

 

コンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズには角膜への負担、手入れが面倒といったデメリットがありますが、使い捨てや頻回交換タイプの登場によって、安全性や取扱いへの改良が進んでいます。
一方レーシック(LASIK)に対しては、怖い、高いといったイメージをお持ちの方もまだまだいらっしゃるでしょう。ただ、レーシック(LASIK)は半 永久的な矯正手段であり、安全面はもとよりコスト面でも、長い目で見ればコンタクトレンズよりメリットが大きいと言えます。

 


メリット デメリット
コンタクトレンズ
  • 1日使い捨てタイプはお手入れ不要
  • 度数にあわせてレンズが変更できる
  • 角膜などに負担がかかる
  • 充血や異物感がある
  • 旅行や入浴時に不便
  • 手入れが必要
  • コストがかさむ
レーシック
  • 裸眼で見えるため、メンテナンス不要
  • 視界がクリアになる
  • スポーツや旅行で不便を伴わない
  • 頭痛・肩こり解消する場合がある
  • 人によっては手術できない
  • 一度手術すると元に戻せない
  • 夜間見づらくなる場合がある

コストの比較

コンタクトレンズでは、たとえば2ウィークタイプのコンタクトレンズを10年間使い続けた場合、その額は42万円。さらに日々のケアコストや検査費も別途必要で、紛失や破損といったハプニングも考慮すると、その合計額はさらに増大します。

 

※2ウィークスタイプのコンタクトレンズを使用した場合

※使い捨て2ウィークタイプのコンタクトレンズとケア用品を1年間使用した場合に掛かる費用42,000円。 (2ウィークタイプのコンタクトレンズ:定価3,750円/1箱6枚入り×8箱、ケア用品:定価1,000円×12本と想定。眼科への受診料は含まず)

5年で21万円も払わなければならないならば、ここはレーシック手術を考えてみる価値が十分あると思いますがどうでしょうか?