レーシックの効果

視力回復で裸眼生活を取り戻す

多くの場合レ-シックによりメガネやコンタクトレンズで矯正していた視力以上に回復し、
殆どの場合、裸眼での生活が可能になります。
但し、視力回復度には個人差があることは念頭においておいたほうがよいでしょう。
(必ずしも一人の例外もなく全員が1.5や1.2まで回復するとは限らない)

視力の回復度合

レーシックで一体どのくらいまで視力が回復するのか?
本当に裸眼生活に戻れるのか?

というのが、レーシック手術を決心する前には大抵の人が抱く心配ごとではないでしょうか。

回復の目安としては、一般的にメガネ・コンタクトの使用により確保している
矯正視力、もしくはそれ以上のものが期待できます。
個人の回復の度合いについては、術前検査の視力・眼圧・角膜の検査などにより、事前に
ある程度予測することが可能です。

 

手術の即効性

手術直後、椅子から起き上がって目を開けた瞬間から何らかのレーシックの効果を感じます。(視力が良くなったのを実感する)


その後麻酔が切れ、1日目はしょぼしょぼすることもありますが、ほとんどの場合、手術翌日には回復しています。
そして、術後1週間くらいで術後の違和感がなくなります。
完全に視力が安定するまでには3ヶ月くらいかかりますが、日常生活では折に触れレーシック前よりも視力が良くなったのを実感するでしょう。

 

遠視や乱視にも効果が!

乱視については眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能なレベルのものであれば、レーシックに
より十分矯正することが期待できます。
また、適切にレーザーの照射パターンを変化させることで、さらに遠視までも矯正することが可能です。

但し、レーシックによる乱視・遠視矯正については適応範囲があり、どんな強度のものでも矯正が可能なわけではないので、カウンセリング時に担当医と相談してください。

 

老眼矯正とレーシック

ある程度の乱視・遠視は近視矯正と共に可能なのですが、残念ながら老眼についてはレーシックによる視力回復には効果が無いです。

老眼は眼球などの老化現象の一種で、視点にピントを合わせるために厚さが変化する
水晶体自体の柔軟度が失われてて起こる現象なので、老化してしまったものをレーシックで元に戻すことはできません。

但し、老眼回復には老眼の為の手術法が別にあります。

【参考】
神戸クリニックの老眼治療⇒
品川近視クリニックの老眼治療⇒