レーシックのメリット

1.レーシックという視力矯正手術(術法)そのものに起因する優れている点

 

  • 痛みが無い
    術中は、当然麻酔をかけて行うので、手術中や術後の痛みがほとんどない

  • 短い手術時間
    手術時間が両眼で10分~15分程度と非常に短く、入院の必要がない

  • 回復時間が短い 一般的には手術の翌日から日常生活を行うことが可能で、感染などに対する適切な処置さえしっかり行っていれば、拒絶反応などの副作用が無く、治癒する時間も短い

  • 強度の近視でもOK
    ふさわしい術式を選択することにより、強度の近視矯正も対応可能(全てではないが)

  • 近視も乱視も一度に
    近視と乱視の両方を一度に治療することができる

  • 両眼同時に
    両眼を同時に手術が可能

  • 高い精度と安定性
    矯正精度が高く、視力の安定性が高い

2.レーシック手術で視力を回復した後に受けられる恩恵

 

  • 時間と手間の節約
    メガネやコンタクトのケアをする必要がなくなった

  • 体調回復
    眼精疲労や視力が悪いことが原因の肩こりの軽減

  • スポーツ制限が無い
    メガネやコンタクトを使用しているために出来なかったスポーツができる

  • コンタクトレンズ起因の眼病から解放
    コンタクトレンズを使用することによる充血・眼病の心配がなくなる

  • 即座に避難
    突然の災害時にもメガネ・コンタクトレンズを探す必要がないので迅速に避難できる

  • コスト削減
    メガネやコンタクトにかかっていた金銭的コストが不必要になる

 

各個人の事情により具体的なメリットを挙げればきりがないが、なんといっても全員が共通で嬉しいのは、

 

<メガネやコンタクトなどの煩わしさから解放される>

 

という事実ではないでしょうか。