レーシックとは?

最先端の視力回復法 ~めがね・コンタクトにサヨウナラ!

レーシック(LASIK)は、Laser Assisted in-Situ Keratomileusisの略で、レーザー治療機(エキシマレーザー装置)を使って眼の角膜を薄く削り、その部分をレーザーで照射し角膜の屈折カを変えることによって視力を回復する最先端の医療技術です。
安全で効果も高く世界中で毎年数百万人の方が治療を受けているといわれており、日本でも2000年に厚生労働省から認可がおりて以来、急速に普及しています。

レーザー光で焦点を合わせる!

目の見える仕組みとは、光が外から目に入り、角膜から水晶体を通り、屈折した状態のまま網膜へと達し、像が写されます。

しかしながら、この仕組みが上手くいかず、ぼやけたり、かすんだり、二重に見えたりして、
クッキリ見えない場合があります。
これは、網膜の前後にピントがずれることによって引き起こされ、近視・遠視・乱視と呼ばれています。

一般的にレーシックと呼ばれる視力矯正する手術は、レーザーで角膜を削り光の屈折率を調整することで焦点を網膜に合わせて、物体をクッキリ見えるようにします。

レーシック手術もメガネやコンタクトレンズも光の屈折率を変化させクッキリ見えるように
目の焦点を合わせようとする点で同じですが、その手段がレンズとレーザー光照射ということで決定的に違います。

主流はイントラレーシック!

レーシック手術は大まかに言って2段階の作業で構成されています。

第一段階
角膜の表面を薄く切って(スライスして)「フラップ」と呼ばれるふたを作ります。


第二段階
フラップをめくり、エキシマレーザーとというレーザー光線を角膜に当てます。


第一段階の「フラップ」を作成する段階で、従来はマイクロケラトームという電気カンナのような働きをする機器を使用していました。しかし、近年ではこの「フラップ」を作成する段階でイントラレーザーというレーザーを使用するという流れになりつつあります。この術式を従来のレーシック(ケラトームレーシック)と区別して、イントラレーシックと呼んでいます。(※)
イントラレーシックはフラップをイントラレーザーで作るため、ケラトームで作成するフラップよりもより薄く、精密で、さらに切断面を滑らかにフラップを作成することが可能となりました。

それにより、これまでは角膜が薄すぎたり、近視の強度が強すぎて残念ながらレーシック(ケラトームによる)を諦めざるを得なかった人たちにも、イントラレーシックにより治療が可能となるケースが増加しています。

(※)但し、通常『レーシック、レーシック』というときは、イントラレーシックを含む視力回復手術全般を指すことが多いです。

現在人気のiLASIK〔アイレーシック〕とzLASIK〔ゼットレーシツク〕もイントラレーシックの一種(2009.9現在、最新式!)です。