レーシックの失敗

レーシックで失明する可能性は限りなくゼロに近いとして、それでは、レシーックで失敗するとはどういうことを言うのでしょうか?

レーシックの失敗というと、

失敗=①失明 ②感染症にかかる ③後遺症が残る・・・

ということが思いつくでしょう。


①失明
については先に説明したように、適切な環境で技術力のある医師の下で手術を行えば起こり得ません。
万が一レーシックの手術が原因で失明してしまったらそれは確実に『失敗』といえます。


②感染症
目は非常に感染しやすい構造な為、レーシック手術の工程全ての状況で清潔を保つ事ができないと、細菌やウイスルが入ってしまい感染してしまうことがあります。
 
レーシック手術の際、器具や目の消毒が確実で、術後の感染症防止対策が適切で有れば大概は防げます。


③後遺症
安全・衛生に気をつけて手術をしているクリニックの元で手術をしたとしても、人によっては『レーシック特有の症状・問題・合併症』で紹介した症状が出てしまう事があります。
万が一の場合の後遺症についての十分な説明をクリニック側で行っているかという点は非常に大事です。


ところで、②感染症③後遺症はクリニック側の落ち度ではなく、患者が手術後のケアをちゃんとしないことが原因となるケースも多いようです。
例えば、手術後クリニックの指示に従わずパソコンを見すぎて目を酷使したおかげで乾燥し、ドライアイで角膜にキズをつけてしまったとか、術後に目を不衛生な状態にしてしまい感染症になった、などがそれに当たります。

このような症状が出てしまった場合、そのレーシック自体は失敗だったのか?というと、このような症状がでてもその後回復し、最終的に満足のゆく視力が得られたならば、必ずしも失敗であったとはいえないと思います。

また、清潔な環境下で手術自体は抜かりなく成功しても、人によっては満足のゆく視力が出なかった(1.5や1.2にならない等)ということや、一時的に視力が回復したけど、数年後に視力が戻ってしまったという残念な結果になることもあります。
このような場合、失敗とは断言できないかもしれませんが、心理的に納得出来ない気持ちが起こるでしょう。

そのようなケースでは後にレーシック再手術を行ってくれることが多いようですが・・・。

レーシックの失敗・術後トラブルはこれからレーシックを受ける方にとっては、最も懸念されることではありますが、実際にレーシックを受けた方は「こんなことなら、もっと早くレーシックを受けていれば良かった」と結果に満足している方が大半なのではないでしょうか。

いずれにせよ、技術や安全性が高いクリニックを選ぶのは当然のことですが、万が一レーシックの後にトラブルが起こっても、最終的に『レーシック成功』にたどり着くためにも、誠実で真摯に対応してくれる姿勢をもつクリニックを選ぶことも同じくらい重要だということです。