レーシックで失明?

【レーシック 失明】

 

・・・というキーワードで弊サイトにいらっしゃる方が多数いらっしゃいます。
やはりレーシック手術を検討するにあたり、真っ先に思いつく心配事なのでしょう。

レーシックの手術が失敗すると失明する可能性があるのではないか、という不安を抱えている人多いのは事実なのですが、今のところレーシック手術によって失明したという例はありません。
それにレーシックは角膜の一部を削るだけで他の眼球の内部には触れない手術です。
ですから経験豊富な専門医のもとで正しいレーシックの手術が行われれば失明することなどはまずないと言えます。

またレーシックの手術は、他の手術よりも安全性の高い手術と言えます。

注意すべきことは、専門ではない医師や安全・衛生管理がまともで無い医師の下で、いい加減で質の低いレーシック手術を受けないということです。
このような医師の下では適切ではないレーシック手術が行われてしまう可能性も出てくるので、通常ではありえない失明の危険性も出てくることになってしまいます。

具体的に記憶に新しい事件でいうと、銀座眼科でレーシックを受けた人の間で起こった集団感染では失明の危機に遭った人もいたようですので、安全・衛生に力を入れていないクリニックでは失明も起こりうるということが証明されたことになります。

やはりこのような危険を回避するためにも豊富な経験と実績のあるクリニックを選んでレーシック手術を受けるべきでしょう。

しかしそれでも失明はしないものの、レーシックによっていろいろな合併症が起こる可能性もありますので、医師からの十分かつ詳細な説明を事前にきちんと聞いて、納得した上で手術を受けるようにしましょう。

 

【参考】⇒レーシックで失敗は無いという記述がある神戸クリニックのページ icon